Exhibition


My Creatures「私のいきもの」展

 

【会期】428日(金)~57日(日)13時~20時 最終日は19時まで 52日(火)休廊 

【会場】ガレリア青猫 東京都杉並区西荻南2-21-8(西荻窪駅駅徒歩4分 03-3247-2236/会期中のみ)

 

参加作家

奥村巴菜(陶)  菊池鮎子(日本画)  樹乃かに(デジタル)  しょうじこずえ(布・刺繍)  

中嶋明希(銅版・レリーフ)  早野恵美(岩絵具・和紙・レリーフ)   

 

 

 

いきもの(生命あるもの)に並々ならぬ愛情や想いをお持ちの作家さん達のグループ展です。

昨年に続き2回目の開催です。

陶、布、銅板レリーフ、日本画、デジタル作品など立体、平面作品共趣向と機知に富んでいます。

35点を展示します。

ご来場をお待ちしております。

 

 

  会期中のイベント:「展示作品の楽しみ方とアートのよもやま話-5

当ギャラリーのディレクター、山本がお話しします。

53日(水)14時~15 予約制(10名迄) 料金500

ご予約はaoneko2218@gmail.comまで

 

 

 


青猫のヨーロッパの作家達展

ー西寄りの風が吹いて来る。ー

 

【会期】414日(金)~423日(日)13時~20時 最終日は19時まで 418日(火)休廊

【会場】ガレリア青猫 東京都杉並区西荻南2-21-8(西荻窪駅駅徒歩4分 03-3247-2236/会期中のみ)

 

  参加作家

 アド・ステインマン/アウスマ・シュミット/風早小雪/ザネ・ズレメシャ/ミケ・ローブルックス/ラファエル・ロドリゲス 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会期中のイベント

「展示作品の楽しみ方とアートのよもやま話-4

当ギャラリーのディレクター山本が展示作品の解説や、アートを身近に感じられるお話をします。

お茶をお供に。お気軽にご参加ください。

422日(日)14時~15 予約制(10名迄) 料金500

ご予約はaoneko2218@gmail.comまで

 

 


益田由二「仕事の虫」展 

ー甲虫切手画撰(こうちゅうきってええらみ)ー

【会期】331日(金)~49日(日)13時~20時 最終日は19時まで 44日(火)休廊

 

 

 

益田由二

「甲虫切手画撰」~コウチュウキッテエエラミ~

32枚の作品が、冊子及び切り離すとポストカードになる素敵な本。

FACE TO FACE WEB GALLERYにて、販売開始!

下記、アドレスからお買い求めいただけます。

 

https://facetoface.stores.jp/

 

 

 

 

郵便切手にシリーズ切手と言うのがありますね。

そのスタイルを借りて益田由二さんが描くのは仕事をする虫達。 その名も「仕事の虫」シリーズ。

画面一杯に描かれた仕事道具に囲まれた虫達のユーモラスな「職業図鑑」をお楽しみください。。

 

ご来場をお待ちしております。

 

 益田 由二(ますだ ゆに)

東京造形大学造形学部卒業

2011年「DesignFesta vol.33」に、メイングラフィック・アーティストとして参加。

以後、画家、イラストレーターとして活動を開始。

ペン画の繊細な描線にデジタル処理を加え、独特の筆致と世界観で構成された作品を制作している。

 

 


「景色の手ざわり」ーtouch your sightー

【会期】317日(金)~326日(日)13時~20時 最終日は19時まで 321日(火)休廊

【会場】ガレリア青猫 東京都杉並区西荻南2-21-8(西荻窪駅駅徒歩4分 03-3247-2236/会期中のみ)

 

  参加作家(五十音順)

 井澤由花子(水彩・キャンバス) 北嶋勇佑(木版モノタイプ) 田中涼子(銅版画) 森洋樹(木工・楠)

 山内康嗣(アクリル・キャンバス)  

 

豊かな水に包まれた風景。 

繰り返されるイメージの中に見えて来る差異。 

現実と空想が交じり合うここではないどこか。

見る事を問いかける風景の輪郭。

見えるものと見えざるものが混在する現実。

風景をテーマにした若手作家達のグループ展です。

 ご来場をお待ちしております。

 

 

 

会期中のイベント

「展示作品の楽しみ方とアートのよもやま話-3

当ギャラリーのディレクター山本が展示作品の解説や、アートを身近に感じられるお話をします。

新人パティシエの手作りシフォンケーキとお茶をお供に。お気軽にご参加ください。

319日(日)14時~15 予約制

 

 


 

PRINT6「6人の版画家たち」

【会期】33日(金)~312日(日)13時~20時 (最終日は18時まで) 37日(火)休廊 

 

【参加作家そめやまゆみ(銅版画)  タカハシタツロウ(リトグラフ)  長野順子(銅版画) 

      濵田路子(板目木版画)  林千絵(木口木版画)  三好百合子(銅版画) (五十音順) 

 

様々な技法の銅版画、 木版画からリトグラフまで。

展示作品数は数十点以上。若手からベテランの6作家の実作品をファイルでもごらんになれます。

 

ご来場をお待ちしております。

 

 

 

 

 

  会期中のイベント=ギャラリートーク(3/4のギャラリートークイベントは終了いたしました。)

「版画作品の楽しみ方とアートの話-2/作品を選ぶことは作ることと同じ」

前半は展示作品のガイド、後半はアートを楽しむ時の役立つコツを当ギャラリーのディレクター山本がお話しします。

新人パティシエの手作りシフォンケーキとお茶をお供に。

 34日(土)14時~15

 

 


AONEKO ARTFAIR展

ガレリア青猫の冬のアートフェア-

【会期】24日(土)~226日(日)13時~20時(最終日19時まで) 7日(火)14日(火)21日(火)休廊

 

【 参加作家】岸本眞季(陶磁)  北嶋勇佑(木版モノタイプ)  極楽堂(木彫)  澤田重人(陶)  樹乃かに(デジタルドローイング)

      田中玲子(ガラス)  中嶋明希(銅版レリーフ)  成田聡子(キャストガラス)  林明日美(銅版画)  林千絵(板絵 ・ 陶)

      星山耕太郎(水墨/アクリル)マスダユタカ(フォト・ポップアップ)  ラファエル・ロドリゲス(油彩 水彩)

 

個性あふれる13人の作家達のグループ展です。

絵画、版画、陶磁、ガラス、木彫から写真を使ったポップアップ本や銅版レリーフの半立体作品まで。

展示作品数は数十点以上。様々な角度からアートを楽しんでください。 ご来場をお待ちしております。

 

 

 

会期中のイベント=ギャラリー・トーク(2/11のギャラリートークイベントは終了いたしました。)

「展示作品の楽しみ方とアートのよもやま話」

当ギャラリーのディレクター、山本がお話しします。

211日(土)14時~15

 

 


アートは「福笑い」展

【会期】17日(土)~122日(日)13時~20時(最終日17時まで)

    10日(火)17日(火)休廊 *最終日は17時までなのでお間違えなく。

 

参加作家】赤池 ももこ/井坂 奈津子/井澤 由花子/上野 彰子/江藤 玲奈/榎谷 杏子/奥村 巴菜/小倉 ゆい/尾崎 風歩/小澤 幸歩/おぼ まこと/風早 小雪/河口 仁/岸本 眞季/北嶋 勇佑/極楽堂/小林 文香/齋藤 杏奈/佐藤 文/澤田 重人/雫石 知之/志村 観行/樹乃 かに/城野 由美子/杉崎 良子/鈴木 智惠/鈴木 比呂志/タカハシ タツロウ/田中 恵美/田中 玲子/豊泉 綾乃/鳥居 洋治/長野 順子/西浦 康太/西川 芳孝/ 明日美/林 千絵/春田 倫弘/船山 佳苗/星山 耕太郎/堀口 慎吾/まいけるからわた/マスダユタカ/益田 由二/松井 鮎子/松岡 学/松田 路子/宮ヶ丁 渡/三好 百合子/村上 紘一/村瀬 都思/むろまいこ/森 洋樹/山内康嗣/山崎 康譽/ヤマダ・マサミ/山ぶき のり/Pablo IglesiasRafael Rodríguez


北嶋勇佑  木版モノタイプ展「平凡ヒーロー」

【会期】1216日(金)~1226日(月)13時~20時 最終日は18時まで 1221日(水)休廊 

 

*12月17日(土)1730分からギャラリートークを交えたオープニングレセプションを催します。是非、ご参加ください。

 

 

日常の平凡なモノ達も北嶋さんの手にかかると鮮やかに輝き出します。

それは道具、お菓子、標識、ゲーム、そして郷愁を誘うロボットのヒーローまで。

油絵具を使って刷り上げる、木版モノタイプというカラフルでポップな版画世界をお楽しみください。

 

 

 

 

 

北嶋 勇佑(きたじま ゆうすけ) 1989年 東京都出身 

2012  武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業

2012  同大学院造形研究科美術専攻版画コース修了

現在/武蔵野美術大学芸術文化学科研究室助手

 

2011年よりグループ展、個展、公募展などで活動している


小林文香 展「冬のひかり」

【会期】122日(金)~1212日(月)13時~20時 最終日は18時まで 127日(水)休廊 

 

124日(日)1730分時からギャラリートークを交えたオープニングレセプションを催します。是非、ご参加ください。

 

*同時開催:林 明日美展「あたたかな闇」*最終日は18時までなのでお間違えなく。

 

小林さんの作品テーマは「ひかり」です。

丸ノミで彫られたこぼれる数の光の点は、透明に輝いています。

イメージはミクロからマクロに遊びますが、最近はそれにより広がりが増したようです。

当ギャラリーでは始めての個展です。新作を中心に十数点をご紹介します。 ご高覧ください。

第二会場では林明日美 展「あたたかな闇に」を同時開催致します。

銅版画のメゾチント技法による展覧会です。小林さんとの版種の違いと、「ひかり」と「闇」のテーマの対比もお楽しみください。

 

小林 文香(こばやし あやか) 1987年 山梨県出身

2010年 女子美術大学洋画専攻 卒業

2012年 女子美術大学大学院版画領域 修了

2008年よりグループ展、個展、公募展などで活動している

 日本版画協会準会員


林明日美 展「あたたかな闇に」

【会期】122日(金)~1212日(月)13時~20時 最終日は18時まで 127日(水)休廊 

 

124日(日)1730分時からギャラリートークを交えたオープニングレセプションを催します。是非、ご参加ください。

 

*同時開催:小林 文香展「冬のひかり」*最終日は18時までなのでお間違えなく。

 

 

林さんは武蔵野美術大学大学院在学中より銅版画のメゾチント技法による作品を作って来ました。

「黒の技法」とも呼ばれるその豊かな階調で、彼女は静かで奥深い世界を魅力的に語ります。

当ギャラリーでは始めての個展です。新作を中心に十数点をご紹介します。 ご高覧ください。

第二会場では小林 文香展「冬のひかり」を同時開催致します。

水性木版画の展覧会です。林さんとの版種の違いと、「闇」と「ひかり」のテーマの対比もお楽しみください。

 

林 明日美(はやし あすみ) 1985年 東京都出身

2009年 武蔵野美術大学油絵学科版画コース卒業

2011年 同大学院造形研究科美術専攻版画コース修了

 

2008年よりグループ展、個展、公募展などで活動している