Exhibition

2020.11.27Fri.12.6Sun.

Shizukuishi Tomoyuki solo exhibition

雫石知之展

「生きたい死に際」

2020.11.27Fri.12.6Sun.

12:0019:00

121日火曜日休廊

 

全ての人がどの瞬間も死に際に居て、いつ、どんな理由で死ぬかなんて選べない。日常で鈍る危機感の中で死を願う時もある。でもまさに死を目の前にすると生きたくて堪らない。矛盾こそ今を生きる証だから、全て自分として生きていきたい。生々しく潔い女体と、ビル群に屋上にハーネス、大嫌いな故郷横須賀をBGMに生命力を描きました。          雫石知之

 

---------------------------------------

雫石 知之(しずくいし ともゆき)

1988年神奈川県生まれ

2009年 中央美術学園卒業 卒業制作展最優秀賞

 

2010年より個展、グループ展などで活動している。

---------------------------------------

2020.11.14Sat. 11.23Mon.

Haruka Uemura Solo Exhibition

植村遥展 「点 ・ を ・ う ・ つ」

 

2020.11.14Sat.11.23Mon.

12:0019:00

1117日(火)休廊

 

展示風景動画は、こちらから。

     

点を打って、重ねて、削って、それを何層も重ねて私の絵は出来上がっています。

一枚のキャンバスの何百もの点は、同じ層にあっても交わることはなく、距離を保ち全て境界を持っています。  

そこに絵の具の層を重ねると、それぞれが離れた点であったことが隠され、集合体のように見えてきます。

それでも目を凝らすと、層の後ろに隠された1点が見えてくる。私の視点を通して見える像を絵にしてみました。

 

――――――――――――――――――        

植村 遥 (うえむら はるか)

1989年 三重県生まれ

2012年 武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業 

2010年より個展、グループ展、公募展などで活動している。

2019年 上野の森美術館大賞展入選

 

――――――――――――――――――  

これまでの展示

2020.10.30Fri. 11.8Sun.

GROUP SHOW ABOUT COVID-19 #2

About "crossing" 交差について

 

2020.10.30Fri.-11.8Sun.

12:00 19:00 (最終日は18 : 00まで)114日水曜休廊

 

*ギャラリートークは、113日にZOOMで実施予定です。

ご参加ご希望の方は、ギャラリーフェイストゥフェイスまでメールでお問い合わせください。

 

展示風景の動画及び、作家ステートメントは、

こちらか

 

参加作家ジャンル/油絵・日本画・アクリル・水彩・版画・ペン画・彫刻・立体・ミクストメディア 他

 

 

7月のAbout“distance”展に続く、このコロナ禍の中での表現を探る展覧会です。前回の展示での「距離」から、今回は「交差」をテーマに約40名の作家さん達に様々なイメージを引き出していただきます。この不安な時代の中で、モノを作る人たちがプレゼンする「今」を共有しながら、人が行き交う場を提供出来れば幸いです。 是非、ご高覧ください。

 

参加予定作家

 

青野 元昭 秋月秋津 浅野井 春奈 石塚 桜子 植村 遥 小久江 峻 織田 亮太 梶谷 令 川端 薫 北嶋 勇佑 澤田 重人  雫石 知之 樹乃 かに 杉山 有沙 高梨 麻世 竹渕 愛留萌 ただあやの 館 泰子 永尾 知己 永岡 杜人 中村 惠一 濵田 敬史  林 明日美 春田 倫弘 福田 美菜 船山 佳苗 マスダユタカ 益田 由二 宮田 義廣 村上 紘一 村瀬 都思 山内 康嗣 山田 翔太 ヤマダ・マサミ 山ぶき のり 山本 清 横山 芙実 渡辺 佑基 Center of riverside

2020.10.16Fri. 10.25Sun.

JUNO KANIねこと愉快な仲間たち

Cats and Good Fellows

 

2020.10.16Fri.10.25Sun.

12 : 0019 : 00

1020日火曜休廊

 

デジタルやペン画、ウッドバーニングなどで動物を描く樹乃かにさんの個展です。今月二回続く後半の展覧会です。 今回は「ねこ」たちと愉快な動物

たちをご紹介します。

見どころは、デジタルペンやタブレットを使って生き生きと表情豊かに描かれたねこや動物たち。

 

樹乃さんの彼らへの深い愛情を感じます。是非、お気に入りに出会ってください。 お待ちしています。

 

展示風景の動画は、こちらから。

2020.10.2Fri. 10.11Sun.

JUNO KANI

私的脳内住人展覧

Lovable residents in my right brain

 

2020.10.2Fri.10.11Sun.

12:0019:00

106日火曜休廊

 

デジタルやペン画、ウッドバーニングなどで動物を描く樹乃かにさんの個展です。今月二回続く個展の第一回目です。彼女の頭の中から生み出される魅力的な「いきもの」達をご紹介します。

動物のような、人のような、はたまた名付けようのない個性的な面々が登場します。ユーモアの中にも彼女の「いきもの」に対する深い愛情を感じます。お気に入りに出会うと良いですね。

 

展示風景の動画は、こちらから。

2020.9.18Fri. 9.27Sun.

One Man Show+plus  

One Man見つけよう ! 10,000円で買えるお気に入りのアート作品 !

 

2020.9.18Fri.9.27Sun.

12:0019:00

 

展示風景の動画は、こちらから

 

 

少しずつ秋の気配が近づいて来ました。

Gallery FACE TO FACEの秋のアートフェアです。70点を超える様々なジャンルのグループ展です。おすすめは素晴らしいクオリティの作品が、何と税込み10,000円で買える事です!

気軽にアート作品をお部屋に飾るチャンスです!

One Man Show10,000円作品)以外にも出品作家の力作を多数ご覧になれます。見どころ満載です!

今回は二人の新人作家の出品も楽しみです。

ご来場をお待ちしております。

 

参加作家 : 石塚桜子/川端薫/北嶋勇佑/雫石知之/樹乃かに/杉﨑良子/

林明日美/平林孝央/福田美菜

ホリグチシンゴ/村瀬都思/山田翔太/山本亜由夢/渡辺 佑基/ZUVALANGA

 

 

2020.9.4Fri. 9.13Sun.

船山佳苗展

ー揺れる音ー

Funayama Kanae Solo Exhibition 

 

2020.9.4Fri.-9.13sun

12:00-19:00

 

 

会期中にZOOMを使ったギャラリートーク&ライブドローイング開催

会場風景・ギャラリートーク&ライブドローイングの動画は

こちらから

 

 

自分の内に降りていく、鐙もるような作業に見えて私にとって描く事は広がりと解放でもあります。

忘れたくないものを思う時、遠いものにあこがれる時、そして何かを悼む時、気持ちが動くのと一緒に手も動かしたいのです。記録したいのではなく、私にとっては心の経験そのものです。ー船山佳苗一

 

 

船山佳苗

1998年武蔵野美術大学日本画学科卒業

~2001年まで宮山県利賀村(現南砺市)にて制作活動

1995年より個展・グループ展で発表 2008年、2009年、 2019Gallery FACE TO FACEにて個展

 

これまでの展示

Art Fair & T-Shirts

ギャラリーおすすめのアート作品とオリジナルTシャツ展

 

2020.8.21Fri.8.30Sun

14:0019 :00

 

 

残暑お見舞い申し上げます。

Gallery FACE TO FACEの夏のアートフェアです。80点を超える様々なジャンルのグループ展です。

うれしいニュースは、素晴らしいクオリティの作品が何と10%OFFで買える事です!見逃した作品、気になっていた作品を手に入れるビッグチャンスです!

また、今回はアーティスト達の描きおろしオリジナルTシャツ&バンダナ展も同時開催します。

 

コロナ+マスクにめげず、熱中症にならず、アートをお楽しみください。ご来場をお待ちしております。

 

 

参加予定作家 : 浅野井春奈/石塚桜子/川端薫/北嶋勇佑/霧生まどか/極楽堂/樹乃かに/杉﨑良子/ただあやの/永尾知己/成田聡子/林明日美/マスダマチコ/村瀬都思/横山芙実/ZUVALANGA

 

 

 

展示風景

Takebuchi Erumo First Solo Exhibition

竹渕愛留萌 展

 晦冥に溺れる

 

2020.8.5Wed.8.10Mon.

12 : 0019 : 00

 

展示風景の動画は、こちらから

 

誰もが心の奥にしまい込んでいるであろう苦しさや孤独感、同調圧力に溢れた偽りだらけの世間に対する違和感等をテーマに描いております。

明るいものではなく、寄り添ってくれる暗さの心地良さを感じて頂きたいです。

銅版画を中心に油彩画、水彩画を展示します。

作品全てに詩的に纏めた言葉がついています。

ゆっくりと作品の世界を味わって頂ければ幸いです。               

            - 竹渕愛留萌 -

 

-------------------------------------------

竹渕 愛留萌(たけぶち えるも)

1998年 東京都出身

 

東京造形大学絵画専攻版画4年在学中

今回初個展

-------------------------------------------

Ayano Tada Solo Exhibition

ただあやの展

Inner Garden

 

2020.7.24Fri. 8.2Sun

12:0019:00

 

展示風景の動画は、こちらから

 

- 内なる 庭を 想う -

自分の内に庭があるとしたら、どんな植物が生えているだろうかと時々考える。

季節があるかのように、時によって移ろう庭模様。

ある人の内なる庭を想う。ふと垣間見える花の色、形。

誰にも入れないその庭を、魅力を込めて表現したいと思った。          - ただあやの -

 

 

..........................................................................................

ただあやの 神奈川県出身

2013年 女子美術大学芸術学部日本画専攻卒業

2015年 同大学院美術研究科日本画研究領域修了

2011年よりグループ展、個展等で活動している

..........................................................................................

About "distance"

《 距離について 》

GROUP SHOW ABOUT COVID-19

 

2020.7.10Fri.7.19Sun.

12:0019:00

 

展示風景の動画・作品Statementsは、こちらから。

 

今回のコロナ禍では社会の様々なシーンで「距離」の変容が起こりました。 「Social distance」もその中の最たるものでしょう。

この「距離」をテーマに46名の作家さん達が感じた事、考えた事を作品にしてもらいました。

作る側も見る側も同じく体験しているからこそ共有出来るものもあるのではないかと思います。

是非、ご高覧ください。

 

 

------------------------------------------

参加予定作家

秋津/浅野井 春奈/アド・ステインマン/井澤 由花子/石塚 桜子/小久江 峻/北嶋 勇佑/木床 亜由美/霧生 まどか/極楽堂/澤田 重人/雫石 知之/樹乃 かに/しょうじこずえ/新藤 杏子/杉﨑 良子/杉山 有沙/そめや まゆみ/高梨 麻世/竹渕 愛留萌/ただあやの/館 泰子/中村惠一/永尾 知己/永岡 杜人/中嶋 明希/成田 聡子/濵田 敬史 /林 明日美/平林 孝央/福田 美菜/船山 佳苗/マスダユタカ/益田 由二/松田 路子/宮田 義廣/三好 百合子/村上 紘一/村瀬 都思/山内 康嗣/ヤマダ・マサミ/山ぶき のり/山本 清/横山 芙実/渡辺 佑基/ZUVALANGA

 ------------------------------------------


石塚桜子展「原始心性の可視化」

Ishizuka Sakurako Solo Exhibition

 

2020.6.26Fri.7.5Sun.

13:0020:00

 

展示風景の動画はこちらから。

●ギャラリートークはオンラインで実施いたしました。ご参加ありがとうございました。

 

私は、生涯自身の抱える原始心性を絵画制作に投影すべく活動してまいりました。近年、個人的に様々な非情を体感し具象のなかの抽象表現に至り、本質的に可視化することの純度の変化を感じています。プリミティブであり感情のマッスを絵画を通して表層に現す。アートとは人間が人間である証だと思います。       ー 石塚 桜子 ー

 

------------------------------------------

石塚 桜子(いしづか さくらこ) 1975年 香川県生まれ

1999  東京造形大学絵画具象コース卒業

2012  佐藤美術館において個展を開催

1999年~2019年で個展18回。 グループ展など多数

------------------------------------------

Gallery FACE TO FACEのセレクション展

Art Safari in Nishiogi

2020.6.5Fri.6.21Sun.

13:0019:00

会期中火曜・水曜 休廊

 

●展示風景ー動画ー 

Art Safari in Nishiogi Viewing

 

● オンラインでギャラリートークを実施いたしました。ご参加ありがとうございました。

 

当ギャラリーおなじみの作家さんたちの競演です。

様々な素材・技法で表現された生き物たちが、今の沈んだ気持ちに明るさとエネルギーを与えてくれるでしょう。

家の中で過ごす時間が長い今、そばに置くにはピッタリの小品を中心に約50点展示します。ご高覧ください。

 

出品作家 

樹乃 かに(じゅの かに) デジタルアート・ペン画

しょうじこずえ(しょうじこずえ) 布立体・ペン画

杉﨑 良子(すぎざき りょうこ) 新聞紙恐竜

林 明日美(はやし あすみ) 銅版画・水彩 

ZUVALANGA(ズワランガ) アフリカンビーズアート

Eto Reina Solo Exhibition

江藤玲奈 Dot to Dot

 

2020.4.17Fri.4.26Sun.

13 : 0020 : 00

421火曜 休廊

●ギャラリートークはオンラインで実施いたしました。ご参加ありがとうございました。

 

展示風景・動画は、こちらから。

 

私は生き物の内面が輝く姿を描いています。

私は人が成長していく過程がとても美しいものだと思っています。 そして、生命の輝く瞬間とも言えるその姿を描きたいと思っています。

その姿を、「輝く命が共鳴し合って宇宙のように広がっていく」というイメージで表現しています。                         ー 江藤 玲奈 ー

 

-------------------------------------

江藤 玲奈(えとう れいな)

1989年 富山県生まれ

2011年 富山大学芸術文化学部造形芸術コース卒業

2013年 同大学院芸術文化学研究科修士課程修了

2011年よりグループ展、個展等で活動している

-------------------------------------


 

Koichi Murakami Solo Exhibition

 

村上紘一 展

=風の景=

 

2020.4.3Fri.4.12Sun.

47火曜 休廊

13:00-20:00 (最終日は19:00 まで )

 

展示風景・動画は、こちらから

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー 

風が吹いている。 ゆるやかな風、 涼やかな風、 激しい風。

時に光を屈折させ、 風景を変容させる。

風のあいだに見える、 ひとところに留まることのない色やかたちを、 キャンバスに残していきたい。

 

                                           村上 紘一

***************************

村上 紘一 (むらかみ こういち)

1976年 熊本県生まれ 岩手県在住

2000年 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業 2000年より個展、グループ展などで活動している

  主な受賞、入選/2007年青木繁記念大賞展優秀賞、2011年シェル美術賞入選、20131415FACE美術賞入選他

***************************

 

 


 

Kiryu Madoka Solo Exhibition

霧生まどか展

about you

 

2020.3.20(Fri.)3.29(Sun.)

324火曜 休廊

 

13:00-20:00

 

ギャラリートーク   321日(土)1800

 

私は思い入れの強い場面や瞬間、仕草などを切り取って、捨てきることのできない想いや、忘れることのできない記憶から発生する揺らいだ気持ちにとっての「場所」を描いています。本来なら切り捨てられてしまうであろう、揺らいでいるということ自体がひとつの着地点としてあってもいいのではないかと問いかける作品を作りたいと考えています。 ー霧生まどかー

 

************************************

霧生 まどか(きりゅう まどか)

1991年 東京都出身 

2016年多摩美術大学大学院絵画専攻版画研究領域修了

2013年以降、グループ展、個展、公募展で活動している。 

 

現在  日本版画協会準会員

************************************

 

 


Hayashi Asumi Solo Exhibition

林 明日美 展

光の時間と祈り

 

2020.2.29Sat.3.15Sun.

会期中  火曜日・水曜日休廊

13 :0020:00

*ギャラリートーク   37()18:00

 

光や水の動き、空気の循環。自然の動きが人の心や意識の動きのようだと感じる時がある。昨年滞在したモロッコの光は、地上の隅々を照らし、全ての影を強く地面に落とす。光の煌めきと陰の静寂が同時に飛び込んでくる。それらは永遠に続く光と影の波のようで、日々何かを思い、祈る、人の心の波のように感じられた。 新作銅版画と水彩画約20点、新作アニメーション作品も展示致します。 ご高覧下さい。

 

 

林 明日美(はやし あすみ) 1985年 東京都出身 

2011年武蔵野美術大学大学院造形研究科版画コース修了

 

2008年以降、グループ展、個展などで発表している。

 


五人の作家達の風景のかたち

それぞれの景の色

 

2020.2.15Sat. 2.24Mon.

13 : 0020 : 00

218日(火)休廊

 

表現方法や、素材・技法が一人ずつ異なる作家達の風景をテーマにしたグループ展です。

季節の移ろいや場所、記憶や郷愁など、若手からベテランまでの五人の作家達がそれぞれの景色を作り出します。 是非、ご高覧ください。

 

出品作家

川端 薫(かわばた かおる) 木 ・ 油絵具 ・ ミクストメディア

田中 涼子(たなか りょうこ) 銅版画 ・ アクアチント

田中 玲子(たなか れいこ) ガラス

松田 路子(まつだ みちこ) 陶 ・ ステンレスワイヤー

山本 一樹(やまもと かずき) 鉄・鍛金/シルバージュエリー


新春企画

2020artists group show

Part Ⅰ 2020.1.5Sun.1.13Mon.

Part Ⅱ 2020.1.18Sat.1.26Sun.

会期中無休

13:00 ー 20:00

Gallery FACE TO FACE恒例のお正月のグループ展です。

今回は会期を前後に分け、年号にちなんで20人ずつの作家達が一人3点ずつ出品します。新人からベテランまでの、な40名の作家達の競演です。初参加の作家も6名。どちらの会期も見応え十分、新春にふさわしい賑わいです。時間を忘れますよ。 是非、ご高覧ください。

 参加作家ジャンル/油絵・日本画・アクリル・水彩・版画・ペン画・陶芸・彫刻・ミクストメディア 他

 

 参加作家

青野 元昭 井澤 由花子 上野 謙介 植村 遥 内堀 麻美 極楽堂

佐野 美里 澤田 重人 杉山 有沙 高島 進 濵田 敬史 濵田 路子 船山 佳苗

ホリグチシンゴ 宮田 義廣 村上 紘一 森 茜 山ぶき・のり 山本 亜由夢

吉川 奈菜子 浅野井 春奈 稲田 侑峰 風早 小雪 北嶋 勇佑 栗村 江利

小松 冴果 齊藤 杏奈 雫石 知之 樹乃 かに そめや まゆみ 竹渕 愛留萌

ただあやの 林 明日美 マスダユタカ 益田 由二 村瀬 都思 森 洋樹

ヤマダ・マサミ Rafael Rodríguez ZUVALANGA

(敬称略)

2019年の企画展は、こちらからご覧頂けます。

 これまでの企画展